冬至っていつ?何を食べたらいいの? | otentosanblog
スポンサーリンク

冬至っていつ?何を食べたらいいの?

トレンド
スポンサーリンク
https://www.gifu-np.co.jp/news/20191222/20191222-201424.html

冬至は1年で最も日照時間が短い日という特徴的な日ですが、年によって日付が変わります。

2019年は12月22日日曜日が冬至です。

冬至の日に関して、なぜ日照時間が最も短くなるのか、冬至の日にちはどのように定められているのか、気になる人も多いのではないでしょうか。

『冬至とうじ』とは一体なにでしょうか?

冬至とは、「季節」を表す季語で『24節季』の一つです。 1年を4つに分割したのが四季ですが、冬至はさらに細かく1年を24分割した「二十四節気」の一つを指します。 地球が太陽の周りを一周する360°を24分割します。“地球が太陽の位置関係”により二十四節気の日にちを定めているのです。

定めた点を太陽が通る日が二十四節気のそれぞれの日にちになります。360°を24等分なので太陽が15度進む毎に(約15日経過の度)、新しい24節気の季節がやってきます。

年によって冬至の点を太陽が通る時間は異なるため、日にちは若干前後します。 冬至は日照時間が最も短くなるのです。二十四節気の便利なところは、年によってそれぞれの日照時間や気温などの特色が変化しないということです。

冬至とは1年で最も日が短いということは、翌日から日が長くなっていくということ。そこで、冬至を太陽が生まれ変わる日ととらえ、古くから世界各地で冬至の祝祭が盛大に行われていました。太陰太陽暦(いわゆる旧暦)では冬至が暦を計算する上での起点です。

中国や日本では、冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が甦ってくることから、陰が極まり再び陽にかえる日という意の「一陽来復(いちようらいふく)」といって、冬至を境に運が向いてくるとしています。つまり、みんなが上昇運に転じる日なのです!

冬至の食べ物

冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれています。

【冬至の七種】

  • なんきん:南京(かぼちゃ)
  • れんこん:蓮根
  • にんじん:人参
  • ぎんなん:銀杏
  • きんかん:金柑
  • かんてん:寒天
  • うんどん:饂飩(うどん)

冬至には小豆とかぼちゃを煮た「いとこ煮 」を食べるという地方もあります。なお、本来「いとこ煮」とは硬いものをおいおい(甥)入れて、めいめい(姪)炊き込んでいくことから「いとこ煮 」と名付けられた料理なので、小豆とかぼちゃ以外の場合もあります。

おわりに

24節季という日本の伝統は先人の知恵が詰まっています。ぜひ参考にしていきたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました