スターウォーズ最新作に向けて、過去8作を1分で復習! | otentosanblog
スポンサーリンク

スターウォーズ最新作に向けて、過去8作を1分で復習!

トレンド
スポンサーリンク
https://www.newsweekjapan.jp/stories/culture/2019/12/38-3.php 引用元

スターウォーズは40年以上の間に過去8作が制作されました。

スターウォーズは最新作「スカイウォーカーの夜明け」を観る為に、過去の8作を見ていないと理解できないものでもなく、それぞれ作品ごとに楽しめる娯楽SF大作なのです。

それでは、過去の8作を1分で簡単に紹介しましょう。

旧3部作

1977年エピソード4/新たなる希望(ジョージルーカス監督

1980年エピソード5/帝国の逆襲(アーヴィン・カーシュナー)

1983年エピソード6/ジェダイの帰還(リチャード・マーカンド)

新3部作                       

1999年エピソード1/ファントム・メナス(ジョージ・ルーカス)

2002年エピソード2/クローンの攻撃(ジョージ・ルーカス)

2005年エピソード3/シスの復讐(ジョージ・ルーカス)

続3部作                       

2015年エピソード7/フォースの覚醒(J・J・エイブラムス)

2017年エピソード8/最後のジェダイ(ライアン・ジョンソン)

2019年エピソード9/スカイウォーカーの夜明け(J・J・エイブラムス)

時間軸としては、新3部作⇒旧3部作⇒続3部作である。

旧3部作(エピソード4~6)は、主人公のルーク・スカイウォーカーが悪役のダースベーダーと戦う。

新3部作(エピソード1~3)は、ルークの父であるアナキン・スカイウォーカーが主人公。アナキンが成長しやがて悪の道に落ちていく。 エピソード6ジェダイの帰還はアナキンとルークの物語であり、ルークは銀河を救い父を取り戻した。

続3部作は『エピソード6』の約30年後が舞台となっている。主人公はフォースに仕える女性『レイ』 悪役はカイロ・レン。ルークの双子の妹であるレイア・オーガナの息子である。

もう少し詳しく3分で各3部作を知りたい場合はこちらを参考にされてください。「3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初心者向け&復習用)

ネット上での最新作スカイウォーカーの夜明けの反応は?

JJは頑張ったんだよね。自分で広げた風呂敷を途中で無茶苦茶にされても綺麗に畳めたね。 映画としての評価は微妙かもしれないけど、この超絶難題をよくやったと思うよ。 僕は満足です。 フォースと共にあらんことを。

https://twitter.com/atariya_ch

細かいことは一切言えないけど新三部作の中で一番良かった!!!見事にまとめ上げたと思うし鳥肌シーン満載!! エンドロール入った瞬間のあの感覚は一生忘れられない。

spider@spider05013 12月19日

【ネタバレなし】 ・ep7、ep8の尻拭い ・レイの出生 ・ポー大活躍 ・ストーリー新三部作の中では一番 ・テンポ良い ・アクション多め ・ラストバトルからは微妙 ・お前ら恋愛感情あったん? ・レイvsレンのバトルかっこいい ・空中戦最高

https://twitter.com/JournalHauser

まとめ

過去8作のSF超大作の最終作となる為、期待が大きいと考えられる最新作『スカイウォーカーの夜明け』。この映画スターウォーズが9作も制作されたという事自体が賞賛に値するものだと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました